店舗を閉めたい方

閉店までの流れ【3ヶ月後の閉店に向けて】

①解約通知

大家様への退去通告は、退去する3~6ヶ月前に行う。この期間の家賃は支払わなければなりません。

②原状回復義務

契約により原状回復の範囲は異なりますが、通常はスケルトンもしくは入居時の状態に戻さなければなりません。
工事にかかる期間や費用は、原状回復の範囲により異なります。契約書の記載を必ず確認しましょう。原状回復工事は引渡期日までに終わらせなければなりません。

③従業員への解雇通知

従業員を解雇する場合は、少なくとも30日以上前に予告をするか、30日分以上の平均賃金を支払う義務があります。
予告期間を短縮すれば、短縮日数分の平均賃料を支払わなければなりません。

④原状回復工事

「内装解体」「スケルトン工事」「廃棄物処理」など様々な工事を行う必要があります。看板や床、天井の修繕工事に加え、不要な造作の解体・撤去を業者に依頼し行います。
原状回復費用は1坪あたり5~10万円と言われています。

閉店後の手続き

閉店日~5日以内

従業員を雇用している場合、公共職業安定所にて「雇用保険適用事業所廃止届」。日本年金機構にて「健康保険・厚生年金保険適用事業所全喪届」と「雇用保険適用事業所廃止届」の提出が必要です。

閉店翌日~ 10日以内

保険所に「廃業」を提出し、「食品営業許可証」を返還する。警察署に「廃止届出書」を提出し、「届出認定書」を返還する。

閉店日~1ヵ月以内

税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」、「給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書」、「消費税の事業廃止届出書」を提出する。税務署にて都道府県民税(個人事業税)を申告。

閉店翌日~50日以内

労働基準監督署に「労働保険確定保険料申告書」を提出する。

※提出期限・必要書類等は市町村によって異なります。

物件をお探しの方、サイトに載せられない物件も多数ございます。
まず、希望条件を記入してお気軽にお問い合わせください!
また、業務委託についての相談も承っております。

お問い合わせ

お問い合わせ内容*

会社名
氏名*
メールアドレス*
電話番号*