店舗を閉めたい方

造作譲渡について

『造作譲渡』は建物を新築した際、スケルトン状態から手を加えた造作部分を他者に譲り渡すことです。※『造作』とは、建物内部の仕上げや設備、機器一式のことです。

以前は店を閉店する際はスケルトン状態にし、家主様に返却するのが当たり前でしたが、近年では店舗をそのまま「居抜き物件」として売却・譲渡するケースが増えています。

メリット①

本来、多額な費用が掛かる解体工事・撤去が不要となり、お金が浮く。

メリット②

後継ぎのテナントに造作を購入してもらうため、造作譲渡金が入る。

メリット③

解約予告までの期間が短縮され、引渡直前まで営業が可能。

飲食店を閉店する際の費用例

設備・造作を売りたい方へ

メリットが多いように思える造作譲渡ですが、オーナー様とのトラブルが多いのも事実です。しかし、専門家が間に入ることで、原状回復義務の免除と造作譲渡契約をスムーズに行うことができます。
立地や業種により、原状回復をおすすめする場合もあります。

造作譲渡までの流れ

造作譲渡までの流れ

閉店の際の手続きに不安をお持ちなら、まずはご相談ください。

お問い合わせ

お問い合わせ内容*

会社名
氏名*
メールアドレス*
電話番号*